パチスロの負けはパチスロでは取り返せない

パチスロが最も盛り上がった時期である爆裂4号機時代、数十万の借金をしました。

大勝ちすれば1回で20万30万も当たり前の時代だったので、多少の借金くらい運が良ければすぐ返せると思って消費者金融へ。

もちろん1回で20万勝てる反面、負けるときも額が大きくなるのは当然のことなのですが、大勝ちに味をしめてしまっていたので冷静に考えることもありませんでした。

パチスロにハマって作った借金を過払い金請求でゼロに

私がパチスロにはまっていたのは、30歳のころ。

いわゆる4号機というパチスロ機が全盛のころで、今よりずっとパチンコ店が賑わっていたころだ。

北斗の拳、吉宗、キングパルサーなどなど、たぶん今の機種よりスペックのバラエティが多く、それぞれに自分の時間帯で遊べるのが魅力だった。

当時は普通のサラリーマンだった私は、主に夕方からと休日に勝負をしていた。

仕事のストレス解消にパチスロ、気分転換にパチスロ、ついにはデートにパチスロ(笑)

たいした理由もなくお金を借りて浪費してきた結果

現在30代後半ですが、今からだいたい10年ほど前にアイフルやアコム、プロミスといった金融からお金を借りてしまいました。

たいした理由もなくただ、お金があれば便利だからという理由で借りてしまいました。

始めは、利息と元金を返すことができていましたが、借り入れ会社が増えるにつれて、五千円が一万円になり、一万円が三万円になりと利息が増えていき、元金を返すこともままならない状態になってしまいました。

返すために借りるという、自転操業をしている状態が続いていきました。

仕事の為に借りたけど自分の甘さで借入が増えて

20代の頃、全国チェーンのお店で仕事をしていた時の事でした。

転勤が続き引っ越し代は自分持ちだった為にお金が足りなくなり少しだけならすぐに返せると思って借りたのが始まりでした。

引っ越し先は会社の寮だし、今回だけならと軽い気持ちで初めてアイフルでカードを作って借りたのですが、寮とは言っても家賃・光熱費は自分もちでほぼ一人暮らし。知らない地ではお金もかかります。

少しだけ、今回だけと思って借りたはずが1度借りたらまた今回ちょっと足りないからまた、と1回だけが2回、3回と増えていき気がつけば限度額いっぱいに。

パチンコ、競馬、競艇のギャンブル費用をアイフルで借りる

20代前半にパチンコ、競馬、競艇などのギャンブルをやりたいがために、当時、働いていた給料では足りなかったため消費者金融アイフルにお金を借りました。

最初は1万円を借りパチンコへ行き勝ったら返せば良いや程度で考えていました。もちろん、勝てずお金を再度借りに行きまた、賭け事へ。

何回かは賭け事で勝ったお金で返金はしました。それを何度か繰り返しているうちに、借りたお金が10万、20万、30万と増えていき、最終的には50万強まで膨れ上がりました。

このページの先頭へ